輝く白い歯は美しさと健康の基本

輝く歯は美しさと健康の基本

白くてきれいな歯には、虫歯1本ない健康的で清潔なイメージがありませんか。

 

歯が白いだけで、相手に好印象を与えたり、実年齢よりも若く見えるとも言われています。

 

だからこそ、ホワイトニングをしたいと思うのは当然のことなのですが、実は見た目だけでなく、歯の美しさは全身の健康と美容、さらに心の健康にも繋がっていきます。

美と健康を保つために重要な歯と口の役割

よく噛めることは老化防止になる

歯は食べ物が最初に出会う消化器です。

 

歯が丈夫でしっかりと食べ物を噛める人は、歯がない人よりも、血中のビタミン濃度が高いというデータもあるくらい、歯は健康にとって重要な役割を果たしています。

唾液は若さをキープする

唾液には、消化を助けたり、食べ物を包み込んで、のどや食道、胃腸を守る働きがあるのはよく知られています。

 

でも、それだけではありません。唾液には、外部からの病原菌の侵入を防いだり、口内の雑菌の繁殖を防いだり、老化を抑え若返りを促す働きがあります。

 

近年、注目されているのが唾液に多く含まれる「ラクトフェリン」という成分で、「天然の抗生物質」ともいわれています。ラクトフェリンには、腸内の善玉菌を増やしたり、免疫力を高める作用があります。

 

ほかにも、唾液には傷あとを修復する働きや脳を活性化する働きがあることもわかってきています。

 

つまり、唾液には皮膚や脳の老化を抑えるアンチエイジング効果があるといえるのです。

 

逆に、ドライマウスで唾液の少ない人は、唾液中に活性酸素が多くなり、老化が進みやすくなります。

 

唾液の分泌を増やすためにいちばん効果的な方法は、よく噛むことです。

 

よく噛むことは脳を活性化させるメリットもあります。

 

よく噛んで食べると、脳の血流が増加し、記憶力の向上やストレス解消、肥満防止の効果が期待できます。

 

そして、認知症の予防に繋がることもわかってきています。記憶をつかさどっている脳の海馬は、年齢とともに委縮するために、記憶力は低下していきます。

 

でも、噛むことによって、海馬は活性化することが分かっており、認知症の予防に繋がるといわれています。

食べ物をしっかりと噛むためには、当然健康で丈夫な歯が必要になります。

 

そのためには、普段からのケアが重要になりますが、その一環としてホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを使うのは、とてもいい習慣だといえます。

 

歯を白くしたいと思うと、自然と磨き方も丁寧になりますし、口内や歯の状態にも自然と気を配るようになります。

 

また、歯を白くする効果だけではなく、虫歯、歯周病、口臭予防の効果が期待できるホワイトニング用のジェルや歯磨き粉もあるので、そうした製品を日常的に使えば、歯の健康を守り、ひいては身心の健康とアンチエイジングにもつながっていきます。

 

歯が丈夫でよく噛めると、おいしく食べることができて、会話も弾み、ストレス解消や心の健康にもいい影響が及ぼします。

 

逆に、歯並びが悪かったり、不潔な印象を与える様な黄ばんだ歯は、人目が気になり、人づきあいに消極的になってしまいがちです。

 

また、歯並びが悪いと、サ行やタ行、ナ行の発音がしにくくなり、コミュニケーションに影響が出る場合があります。

 

若さと美しさの基本となる歯を、キレイに健康に保つために、普段からのセルフケアが大切です。

 

 

関連ページ

歯のステインを落とす手軽な方法
ちゅらトゥースホワイトニングは、自宅で簡単に歯を白くするホワイトニング歯磨きと評判です。でも、本当に歯が白くなるのか?使用感や口コミをビフォーアフター画像付きで公開しています。
歯医者のホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニングは、自宅で簡単に歯を白くするホワイトニング歯磨きと評判です。でも、本当に歯が白くなるのか?使用感や口コミをビフォーアフター画像付きで公開しています。
自宅でホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニングは、自宅で簡単に歯を白くするホワイトニング歯磨きと評判です。でも、本当に歯が白くなるのか?使用感や口コミをビフォーアフター画像付きで公開しています。
重曹の歯磨きでホワイトニングはあるの?危険性はどうなの?
重曹のホワイトニングが話題になっています。重曹には優れた効果がたくさんありますが、本当に歯を白くする効果はあるのでしょうか?実際のメリット・デメリットを調べてみました。
正しい歯磨きで歯に健康を守りましょう
歯についての基礎知識を紹介しています。