自宅でホワイトニング

自宅でできるホワイトニングの方法

「歯を今より白くしたい!」と思っている方はきっと多いでしょう。歯を白くする、すなわち「ホワイトニング」の方法は複数あります。今回ご紹介するのはご自宅でできるホームホワイトニングの方法です。

 

まずはホームホワイトニングとは何なの?というところからご説明していきましょう。ホームホワイトニングは自分で薬剤管理する手間はかかるものの、自宅で効果的なホワイトニングケアできる方法です。

 

ホームホワイトニングを始める時は、まずは、歯医者さんで自分の歯型をとってもらい、ホワイトニング専用のマウスピースを作ってもらいます。その中にホワイトニングジェルを注ぎ、家でホワイトニングしていくものです。

 

ちなみにホームホワイトニングブームは日本では最近の事ですが、アメリカの歯医者さんではもっと以前から約100%ホームホワイトニングを扱っているくらい当たり前でした。

 

ホームホワイトニングのやり方は大きく分けて2つ!

ホームホワイトニングと一口に言っても、昼間行うものと夜に行うものの2種類あります。これをデイタイプとナイトタイプと言って分けるのですが、それぞれについて説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

デイタイプ・・・昼間30分〜1時間使用しているとホワイトニング効果が出てきます。歯ぎしりする癖のある方や早く白くしたい!と考える方はナイトタイプよりもデイタイプがおすすめです。

 

ナイトタイプ・・・夜寝ている時に使うもので、就寝前にマウスピースをつけ、寝ながらホワイトニングします。米国ではほとんどがナイトタイプです。

 

ホームホワイトニングは、歯医者さんの指導の下で行う安心感はありますが、高額な費用やマウスピースの管理が面倒なことなど、いくつかのデメリットがあります。

 

せっかくで自宅でホワイトニングをするなら、もっと手軽にやりたい!そんな人にオススメなのが、歯磨き粉を使ったホワイトニングです。歯磨き粉なら、コストもかからず安全で手軽ですが、即効性がいまいち・・・、そんな経験のある方!歯磨き粉でケアする以外にも、自宅でできるホワイトニングがあります。

 

それがホワイトニングジェルを使う方法です。ホワイトニングジェルとは、普通の歯磨きの後に「仕上げ」として用いるものです。

 

米国では、1989年に初めて販売されて以来、さまざまな改良が加えられ、現在ではいろいろな濃度のホワイトニングジェルが販売されています。

 

米国で販売されているホワイトニングジェルには、歯医者で使われている薬剤(過酸化水素)が配合されていますが、日本では薬事法の関係で、過酸化水素配合のホワイトニングジェルは販売されていません。

 

最近では、個人輸入を利用すれば、簡単に手に入りますが、使い方に注意が必要だったり、何かしらトラブルが起きた時には、自己責任となります。

 

それよりも、安心の日本製、手軽にできるホワイトニングジェルがあります。それが「ちゅらトゥースホワイトニング」です。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングのメリット

安全で手軽

  • 一日1〜3回を目安に使う
  • 普通に歯磨きした後にちゅらトゥースホワイトニングを歯ブラシにつけて力を入れず軽く磨く
  • うがいする

これだけで済んでしまいます!とても簡単で忙しい方でも手間いらず!早い方で、約1か月ほどでホワイトニング効果を実感できます。ただし、普段から喫煙したり着色物を好む場合にはホワイトニング効果は3か月程かかると言われています。

 

コストがかからない
ちゅらトゥースホワイトニングは、1本約1か月分で3,980円

 

定期購入を選んだ場合は送料・手数料もかからず、初回購入時にはおまけでワンタフトブラシも付いてきます♪

 

1か月あたり3,980円、1日あたり約132円で、自宅で手軽に白い歯を手に入れることができます。お財布に優しいのもうれしいポイントですね♪

 

3,980円&プレゼント付き

公式サイト限定特別価格

↓↓↓

https://www.churacos.com/

 

自宅のホワイトニングのメリット・デメリット

ホームホワイトニングのメリット

  • 一度マウスピースを作っておけば何度繰り返して使ってもOK(経済的!)
  • ホワイトニングジェルを追加するのもリーズナブルな価格で済む

    (マウスピースさえあれば薬剤の追加料金だけで済みます)

  • 自宅で自分の好きな時間にホワイトニングケアできる
  • 抗生物質によって汚くなった歯でも白くできる

    (「テトラサイクリン変色歯」と呼ばれる歯でもホワイトニング効果が期待できます)

  • 比較的たくさんの歯医者さんで実施されている

    (特別な機械が不要で設備投資もかからないので多くの歯医者さんで使われています)

  • 白さが自然!
  • オフィスホワイトニングより透明感が出ます。透明感があるととても自然に見えるので、白すぎず違和感ない歯に見せる事ができます。不自然な真っ白にしたくない方、ホワイトニングケアを頑張っていると周囲に思われたくない方にはホームホワイトニングが適しています。

 

ホームホワイトニングのデメリット

  • 歯がしみる場合がある

    ホームホワイトニングは使用する薬剤がかなり弱いのでしみにくいのですが歯がすり減った部分やひびが入っているような部分は低濃度の薬剤でもしみてしまう場合があります。すでに知覚過敏をお持ちの方はホームホワイトニングでしみてしまう可能性が高いので控えた方がいいでしょう。

  •  

  • 虫歯治療中はできない

    虫歯のある部分にホームホワイトニングの薬剤をつける事は基本的にできませんし、さらに虫歯を悪化させてしまう恐れがあります。ホームホワイトニングは、虫歯の部分を保護しておく事ができないので必ず虫歯の治療を行ってからホームホワイトニングしましょう。

  •  

  • 矯正治療中はできない

    先程ご説明したように、ホームホワイトニングは歯型を取ってその歯に合ったマウスピースを作成してから行うものです。歯並びの悪い方は、そもそもマウスピースがピタッとはまらないので、効果的なホームホワイトニングができません。

  •  

  • 白くなるまで一定期間必要

    ホームホワイトニングで用いる薬剤は安全性が高い分、濃度は低めなので普通2〜3回の使用でワントーン上がる程度なので、スピーディーに歯を白くしたいと思う方には不向きでしょう。普通の歯の白さの方がもっと白くなるまでには何週間、あるいは1、2カ月要する場合があるのでイベントが間近に迫っている方は満足できない場合があります。

  •  

  • 飲食物に気をつけなければいけないのが面倒

    ホワイトニングケア期間中は、着色しやすい飲み物や食べ物を避けなければ効果は出ません。例えば、毎日ホームホワイトニングを行うなら、その期間中は、着色性の食品は根気良く避けていく必要があります。

     

    着色性の強い食品や飲料には次のようなものが挙げられます。
    ウーロン茶/コーヒー/紅茶/ココア/赤ワイン/コーラ/カレー/たばこ/ケチャップ/しょうゆ/ソース/チョコレート/キムチ/その他合成着色料を使った食べ物

 

まとめ

上記から考えてみると、一番バランスが良くておすすめなのは、ホワイトニングジェル(特にちゅらトゥースホワイトニングがおすすめ)を使ってケアする事でしょう。

 

高いお金もかかりませんし、安全性も高く、口コミでも「歯が本当に白くなった!」という体験談が多いです。

 

実際に、私もちゅらトゥースホワイトニングを使っていますが、確かに歯が白くなりました。毎日の歯磨きの後に、ちゅらトゥースホワイトニングで磨くだけ!手軽なので飽きっぽい性格の私でも続けていますし、磨いた後の口の中がスッキリ感が、やみつきになって、簡単に毎日の習慣になりました。

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングのレビューはこちら

 

歯医者さんのホワイトニングと比べると、確かに即効性はないかもしれませんが、1本約1か月間使っただけで、かなり白くなりました。コストや手間を考えたら、十分といえる結果に満足しています。

 

毎日の歯磨き習慣に、ちゅらトゥースホワイトニングをプラスしてあげるだけで、本格的なホワイトニングケアが実現できるでしょう。早速、自宅でホワイトニングケア、始めてみてくださいね♪